VMware Serverの自動起動

Windows起動時に、VMware Server 1.0.1 のゲストOSを自動起動する方法をさがしたのですが、見つかりません。
結果的に目的は果たせましたが、こんなアホな方法を用いなくても、他に良い方法が必ずある気がします・・・。
もう少しましな方法を見つけることは出来ました。
おそらくこのページの下記の手順を行わなくても大丈夫かと思いますが、未確認です。
ごちゃごちゃいじってしまったので。
こちらに一応書いておきます。。。


この方法が知りたくて、「はてな」に登録したり、「Yahoo!知恵袋」に登録したりしました。
結局、どちらにも質問をしませんでしたが・・・。



ここで設定した、VMware ServerをインストールしたWindowsXPマシンを起動時に、VMwareのゲストOSであるPlamo Linuxを自動起動するようにしたいと思ったのですが、VMware Serverの設定を調べてみたり、ネットで検索してみたのですが、分かりませんでした。

VNCサーバは、WindowsXPのサービスとして自動起動してあり、WindowsXPマシンの電源を入れればVNCサーバまで起動します。
これと同じようなことをVMware Serverでも行いたいのです。


サービスとして自動起動する方法が見つからなかったので、次の方針で自動起動させることにしました。
サービスとして起動できるようにはなりました。

試したVMWare Server のバージョンは 1.0.1 です。

(1) WindowsXP 起動時に、今まではユーザ入力とパスワードを入力してログインしていたが、入力しなくてもログインできるようにする。ただし、制限ユーザとする。
(2) VMware ServerにゲストOSとしてインストールしてある、Linuxの起動まで自動で行えるようにする。


(1) では、Windowsの新しい制限ユーザを、コントロールパネルの「ユーザアカウント」から作成しました。
また、「ファイル名を指定して実行」(Windowsキー + R)から「control userpasswords2」を実行し、「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックをはずすことで、作成した制限ユーザで自動ログインできるようにしました。

(2) は、私の環境のゲストOS設定ファイルと思われるファイル
「E:\Virtual Machines\Other Linux\Other Linux.vmx」
をレジストリエディタの
「HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/Windows/CurrentVersion/Run」
に登録することで、対処しました。
エクスプローラーから
「E:\Virtual Machines\Other Linux\Other Linux.vmx」
を実行すると、ゲストOSのLinuxが起動することを確認できたからです。

レジストリに登録しなくても、スタートアップに追加しておけば良い気がしますが、ログインしなくても起動できるようにしたかったときの名残です。


最初、新しく作ったユーザでは、ゲストOSが起動しませんでした。
これは、VMwareサーバの
「VM > Setting > Options > Permissions」の、
Private設定をはずすことで対処しました。

しかし、それでもまだ、物理ハードディスク(250GB)の方が使えないというようなエラーが出て、ゲストOSが起動しません。
こちらは、
「VM > Setting > Options > Startup/Shutdown」の
「Run this virtual machine as:」で、従来使用していた管理者のユーザに設定するようにしたら、ゲストOSが起動するようになりました。

一応これで、WindowsXPマシンの電源ONで、VMware ServerのゲストOSまで起動出来るようにはなりました。


こんなのでいいのだろうか?と、とても不安ですが、まあいいとします。



かなり不満は残りますが、WindowsXPマシンの電源を入れれば、ゲストOSのLinuxまで起動し、SambaやIMAPが使用できるようにはなったので、とりあえずは良いとします。

ブログを書いた後に昼寝しながら考え直し、レジストリの記述箇所が悪いのではないかと気づき、なんとかサービスとして起動できるようになりました。(ここ)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0