ちょっと、思うこと/やったこと

アクセスカウンタ

zoom RSS OpenBSD/Zaurus + XULRunner + kazehakase

<<   作成日時 : 2008/07/31 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

OpenBSD/ZaurusでXULRunner-1.8.1.16+kazehakse-0.5.4を試してみました。
kazehakaseはXULRunnerを利用するウェブブラウザです。

OpenBSDは2008/07下旬のスナップショットです。

XULRunnerとkazehakase共にコンパイル時の最適化オプションに"-O3"を設定するために、下記の環境変数を設定しました。
# export CFLAGS="-O3"
この環境変数を設定した状態で、XULRunnerとkazehakaseより先にnspr-4.7.1、sqlite3-3.5.9p0、nss-3.12をインストールしました。

XULRunnerはMakefile(ports/devel/xulrunner/Makefile)のconfigureオプションで最適化オプションを設定しているみたいなので、次のように変更しました。
--disable-optimize

--enable-optimize="-O3"
大体意図通りに"-O3"をつけてコンパイル出来たんじゃないかと思うのですが、nssだけはコンパイル時に"-O3"がついていなかった気がします。
(うろ覚え)
まあ、別にいいです。


OpenBSD/ZaurusでXULRunner + kazehakaseの使用感ですが、けっこう重いです。
"-O3"をつけてコンパイルしたminimo-1.8.1.16v0に比べると、かなり見劣りします。

Google Readerも表示途中で"script busy"になってしまいました。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
OpenBSD/Zaurus + XULRunner + kazehakase ちょっと、思うこと/やったこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる